こんにちはNAOです。

 

実は先日、SEOを極める方とお会いしてきてしまいました。

 

今回はそのお方とお話しさせていただき、

超有力な情報をいただけましたので、

ご紹介していきたいと思います。

 

お会いした方とは?

まず私が先日、お会いした方は松尾茂起さんです。

あまり名前を聞いてもパッとしない方もいるかもしれませんが、

賢威の開発者』と言えばわかるんじゃないでしょうか。

 

賢威っていうのは、

WordPressの有料テンプレートで、

今、一番SEO対策がされていてると言われています。

 

なのでテンプレートで悩んだら、

『とりあえずは賢威を入れておけ!』

と言われるぐらい評価が高いテンプレートなんです。

 

今回、私がこの松尾茂起さんとお会いできたのは、

賢威テンプレート8の開発をする

座談会&懇親会に誘っていただいたからなんです。

 

この座談会&懇親会の参加条件は、

1. アフィリエイト収益を月200万円以上(確定ベース)で獲得している

2. 運営しているサイトのPV数が月100万PV以上を達成している

ということでしたので、

非常にレベルの高い方々が参加しておられました。

 

 

有力な情報とは?

今回のお話しの中で、やっぱり話題になるのがSEOに関すること。

 

松尾さんは

SEOは日々、簡単になってきている

と常にお話ししていました。

 

私自身もこのことについては、

最近ものすごく感じていて、

昔みたいに小手先のテクニックで検索順位を上げることが、

非常に難しくなってきています

 

それはGoogleのクローラーが一段と賢くなって、

人間の判断基準に近づいているからです。

 

なので、『検索ユーザーに良質なコンテンツを提供するだけで

SEO対策が、ほぼ完璧にできてしまうんです。

 

 

どうやってGoogleは良質なコンテンツと判断しているのか?

答えからお話しすると、

『Googleは記事の滞在時間を重視している』

と最近は言われています。

 

なので、最近では文字数が多い記事が上位を占めていたりしますよね。

 

私自身の検証結果でも、

文字数が多い記事の方が圧倒的に上位表示されやすくなっています。

 

ただ、ここで言えるのが、

単に文字数が多いだけではいけません

 

大事なのは滞在時間なので、

検索ユーザーのニーズを把握して、

飽きさせない内容で作らないと意味がないんです。

 

ニーズは検索ユーザーの目線に立つことで、

自然と見えてくると言いますよね。

 

ただ検索ユーザーの目線に立つことって、

簡単なようで意外と難しくないですか?

私はこのユーザーの目線に立つことに、

初めはものすごい苦労させられました。

 

でもあることをすると、

簡単に検索ユーザーの目線に立つことができたんです。

 

それは自分がそのキーワードの検索ユーザーとなり、

実際に検索し勉強することだったんです

 

この方法だったら誰でもできますよね。

 

そうすることで簡単に検索ユーザーのニーズを掴むことができて、

検索ユーザーに良質なコンテンツを提供することができるんです。

 

このようにシンプルに考えて見ると

松尾さんがお話しする

『SEOは日々、簡単になってきている』

というのも納得せざるをえないですよね。

 

 

良質なコンテンツを提供すると?

実際に松尾さんは、

新規ドメイン

・記事数12記事

という立ち上げたばかりの弱小ブログサイトでも、

超超ビッグなキーワードでも上位表示させていました。

 

このブログサイトを実際に見せていただいたんですが、

これは私自身、衝撃的すぎました。

 

今までは、記事を多数投稿し、

ブログサイトに力をつけてからビッグキーワードを

やっと狙えるという流れだったんですが、

検索ユーザーに良質なコンテンツを提供するだけで、

始めたてのブログサイトでもビッグなキーワードを狙えるからです

 

 

今回、私自身も今までの考え方を覆されたこともあり、

また新しい取り組みの道が開けたと思います。

 

実証実験をして明確な答えを出したいと思いますので、

期待してお待ちください。

 

今回のようにアフィリエイトに関することだったり、

ブログで稼ぐノウハウを今だけ無料でメルマガ講座にて公開しています。

 

更に全22冊、約430ページの『教科書』もプレゼントしていますので、

是非、メルマガ講座にご登録いただきダウンロードして下さいね。

 

NAOメルマガ講座では無料でご質問なども受け付けていますので、
下記
よりお申し込み下さい↓↓