多くの方々が望む安定した職業

 

安定した職業は、

結婚相手に求める必須条件という女性もいるほど、

現代の日本ではとても魅力的と言われておりますよね。

 

実際に私自身も日本の誰もが知る大手企業に就職、

結婚をし安定した生活をおくっておりました。

 

しかし様々な理由で安定した職業を捨て、

現在の生活をおくることになりました。

 

今回は安定した職業を退職した理由や、

家庭を持っている方が退職する際に知っておくべき事項

についてご紹介していきたいと思います。

 

安定した職業を退職した理由は?

初めに申し上げますと、

私自身は人生においては結構わがままです。

 

自分のやりたいことはやりたいですし、

それに伴う苦労などは、もちろん受け止めるつもりではあります。

 

その点も踏まえて、

こちらでは私自身が安定した職業を退職した理由について、

詳しくご紹介していきたいと思います。

 

安定した職業は業務内容の幅が限られていた

安定した職業はサラリーマンが多いので、

やはり団体行動が基本です。

 

団体行動になってくると、

ある程度の足並みは揃えなくてはいけないことから、

どうしても業務の内容に制限が出てきてしまいます。

 

例えば、あるプロジェクトを実行したいのに、

上司からの承認が得られないなどです。

 

私は未知な領域に対して挑戦することが好きでしたので、

この制限は本当に苦痛でした。

 

まあ団体行動ですので、

当たり前といえば当たり前ですよね。

 

そんなこともあり小さい頃から団体行動が苦手な私にとっては、

退職を考える理由の一つとなりました。

 

 

安定した職業の業務内容に飽きてしまった

『継続は力なり』という言葉がある通り、

継続することはとても重要なことですし、

私自身もこの言葉がとても好きです。

 

しかしこの言葉は、

次なる挑戦があっての言葉だと思っております。

 

私の職業では未知なる領域に対して挑戦しないと、

業務内容は単調になってしまいます。

 

それが良いと捉える方もいれば、

退屈だと捉える方もおり、

飽き性な私にとっては、もちろん後者でした。

 

そうなると『新しい挑戦をしたくてもできない』→

『業務内容に飽きてしまう』→『新しいもの挑戦をしたくてもできない』→…

という負のスパイラルになり退職の願望が強くなりました。

 

単調な業務内容の中でも、

小さな楽しみを見つけることができればよかったのですが、

私にはそれでは満足できなかったのだと思います。

 

 

上司の仕事内容や生活に魅力を感じられなかった

安定した職業では上司が存在し、

その上司の仕事内容や生活をみることで、

自分の未来をある程度みることができますよね。

 

上司の仕事内容や生活を見たときに、

魅力があれば良かったのですが、

私の場合は、自分の思い描いた未来像と明らかにかけ離れすぎておりました。

 

私の場合では、

活き活きと目を輝かせ生活をしている未来が欲しかったのですが、

上司は、どんよりした目で惰性で働いている方がほとんどという状況でした。

 

もちろん中にはそうではない方々もいらっしゃいましたが、

そうのような方は何かしらのリスクを抱えていたり、

その仕事が好きで堪らないといった方でした。

 

 

収入や時間の幅が限られていた

安定した職業では就業時間や収入がある程度、決まっていることが多く、

それがメリットでもありデメリットでもあります。

 

もちろん就業時間は短く、収入は高い方がいいですが、

なかなか両方を得ることは難しいですよね。

 

私の職業では勤続年数が長く、良い条件になっても

就業時間は10時間以上、収入は年収1000万円といったところ。

 

一般的に見れば年収1000万円といえば、

それなりに高い収入ですが、

私の人生目標では30歳までに到達しておかなければいけない収入でした。

 

そして30歳からではそれ以上の収入が目標だったため、

この職業で得られる収入とは明らかに違ってきてしまいますよね。

 

また時間に関しましても、

安定した職業は休みも決められており、

長期休暇などもとても取りにくい状況にありました。

 

これは自分の行き先や趣味、家族との時間も制限されてしまいますので、

私が必然的に退職する流れになっていったのも理解できますよね。

 

 

 


家庭をもった方が退職する際にするべきことは?

独身の方は職業を退職しても、

あまり周りの方に影響はないですが、

家庭を持っている方が退職するとなっては、

家族に影響が出てくるため、

多くのことを気にしなければいけません

 

一家の大黒柱として、

家庭を支えていかなければいけないため当然ですよね。

 

ここからは家庭を持っている方が、

様々な理由で退職することを決意した際に

やっておかなければいけない事項についてご紹介していきたいと思います。

 

自分の中の重要事項を把握しておく

自分の中の重要事項を把握しておくことも、

退職する上で知っておかなければなりません。

 

もし退職した際に、

この重要事項が守れないとなれば、

退職をした意味がなくなってしまうからです。

 

これは当たり前のことですが、

退職したいという願望が強すぎて、

本当に大切な事を見えていない方が結構多いんですよね。

 

私の重要事項は、家族の生活と自分の夢でした。

 

もちろん自分の都合で安定した職業を退職しますので、

努力することは当たり前ですし、

なんとしてでも家族を支えていくと思っておりました。

 

 

現在より努力しなければならないこと知っておく

現在よりも状況を良くしたくて退職する訳ですので、

現在よりも努力をしなければいけないのは当然のことですよね。

 

しかし退職した後に、

やっぱり元の安定した職業が良かったという方が多いのも事実です。

 

それは、いかに安定した職業が恵まれていたかということを

しっかりと認識していなかったためだと思います。

 

恵まれている環境の中にいる間は、

やはり気付きにくいものですよね。

 

また安定した職業を辞めるということは、

いつ生活ができなくなるのかといった不安と戦っていかなければいけません。

 

仕事内容によっては明日には、

仕事がなくなる恐れだってあり、

そうなってしまっては家族を路頭に迷わせてしまうことになります。

 

しかしこの不安があるため努力することができたり

現状の有り難みを実感することだってできたりもします。

 

 

次の職業を決めておく

退職をすると当たり前ですが、

収入はなくなってしまいますので、

次の収入源を確保しなくてはいけませんよね。

 

この収入源はできるだけ100%決まっていることをおすすめします。

 

というのも、私の知り合いで、

退職後に予定していた職業に就けなかったという方がおられ、

とても苦労していたことを見ていたからです。

 

結果、その方は元の職業より、

悪条件の職業に就かざるをえなくなりました。

 

このようになってしまっては、

何のために安定した職業を捨てたのか、

わからなくなってしまいますよね。

 

そうならないためにも、

退職後の収入源は確実に抑え、

自分が納得のいく条件の職業に就くようにしましょう

 

 

別の収入形態をもっておく

退職後の収入源を確保するという意味では、

安定した職業についている間に、

別の収入源を確保しておく副業もおすすめします。

 

やはり退職してから別の仕事に就くというのでは、

確実性がないからです。

 

一番よく知られている副業では、

不動産投資や株式投資、アフィリエイトといったところでしょうか。

 

この副業の収入が安定した職業の収入を超えてしまえば、

ある程度、安心して退職することができますよね。

 

実際に私も副業が本業の収入を超えたおかげで、

家族の生活を確保でき、安心して退職することができました。

 

退職によって家族を路頭に迷わせないようにするためにも

確実性のある副業は得におすすめですよ

 

いかがだったでしょうか?

 

安定した職業は家庭をもつ方にとっては一番と言われておりますし、

実際に私の知り合いの方でも、

その考えを持っている方がほとんどです。

 

しかし私は日本情勢などを勉強することで、

私が思い描いた未来像とかけ離れすぎると思い出し、

安定した職業を退職することを考えました。

 

退職した今では、

以前よりも努力をしなければいけないですし、

責任も負わなければいけませんが、

現状がとても楽しいですし、とても満足しております

 

家族には不安を与えている分、

美味しいご飯を食べにもいきますし、

これまで、できなかった遊びをさせてあげることもできております。

 

退職にあたってはその人だけでなく、

家族の暮らしや人生にまで関わってきます

 

ご自分の現状や未来像と照らし合わせ、

是非、最適な選択をしてくださいね。

 

今回のように職業に関することだったり、

ブログで稼ぐノウハウを今だけ無料でメルマガ講座にて公開しています。

 

更に全22冊、約430ページの『教科書』もプレゼントしていますので、

是非、メルマガ講座にご登録いただきダウンロードして下さいね。

 

NAOメルマガ講座のお申し込みは下記になります↓↓