社会で働く方々にとって大半の方の目標は,

効率良く仕事をこなして、スキルアップしていきたいということですが、

スキルアップの成果は年収にも表れてきますよね。

 

社会人にとって一つの節目となる年収額をご存じですか?

 

それは年収1000万円といわれております。

 

ただ年収1000万円というのは、

そうそう簡単に達成できる金額ではありませんよね。

 

長く会社に勤めている世代ならまだしも

20~30代の早い時期に、

年収1000万円を達成するのは、そう簡単ではありません。

 

少し前には婚活の条件などでは年収1000万円以上の男性!

なんていうのもありましたが、

徐々にその金額も下がっていっているようです。

 

でも逆に言うと大変な分、

ご自分の努力で年収1000万円を

達成したときには自信にもつながりますし

実力を持っているという一種のステータスにもなりますよね。

 

では実際に年収1000万円の人が、

どのくらいの割合いるのでしょうか?

 

また年収1000万円の手取り額はどのくらいあるのでしょうか?

 

今回は年収1000万円について詳しくご紹介したいと思います。

 

年収1000万円の人の割合は?

年収1000万円 手取り 割合 生活
出典元:http://kekkonnkatudou.com/
では、まず年収1000万円を達成している方は

実際にどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

 

今の時点で最も新しい「平成26年度民間給与実態統計調査」を見てみると、

給与所得者全体の平均年収は415万円、

年収1000万円以上となると4.1%となります。

 

人数にすると1995千人です。

 

これは給与所得者だけなので、

フリーランスや経営者は含まれていません。

 

またサラリーマンの方でも、

副業で収入を得ている方もいますから

さまざまな収入形態を考えると、もっと多くなります。

 

そう考えれば、年収1000万円を達成している方って、

結構多いと思えますよね。

 

 

 

年収1000万円の人の手取り額は?

年収1000万円 手取り 割合 生活 1
出典元:http://blog-imgs-70.fc2.com/
ここで勘違いしたらいけないのは、

年収1000万円ということ。

 

年収1000万円なので、

丸々1000万円が手取り額になるわけではありません

 

結果的には、ここから税金や保険などを引かれることになり、

実際に受け取れる手取り額は少なくなります。

 

一般的に言われているのが、

年収1000万円ですと手取り額は650~700万円ほど。

 

え、手取り額ってこんなに減ってしまうの!?と感じられるでしょうか。

 

実は、税金は所得が増えるほど加算されていくという累進課税で

年収1000万円を超えると、税金はどんどん高くなります。

 

なので手取り額が、すごく減ったように感じてしまうのです。

 

 

 

年収1000万円、手取り額650万円の人の生活は?

年収1000万円 手取り 割合 生活 2
出典元:http://tshirtrage.com/
手取り額は1000万円より減ってしまうとはいえ

逆に言うと、自由に使えるお金が650万円は手元に残ります。

 

手取り額650万円の日々の生活は、

実際にはどのようなものでしょうか。

 

月給の手取り額が50~60万円だとすると

家賃に充てられるのは月々20万円ほどで、

お子さんやペットと一緒に家族で暮らしても余裕はあります。

 

また車に関しては、そこそこの外車は購入できるでしょう。

 

ただ将来の貯蓄なども考えると、

使いたい放題というわけにはいきません。

 

計画的に使うなら、

平均より少し余裕のある生活ができるでしょう。

 

 

 

平均年収1000万円超えの企業とは?

Executive in charge, standing at head of table with team around table
出典元:http://xn--1000-8c4cn26o9dfl3e773a7x1f9e7a.com
年収1000万円を得るために、

サラリーマンの方であれば勤めている会社でもらえる収入が、

かなり大きな鍵になってきますよね。

 

では平均年収1000万円の企業には、

どんな業種があるのでしょうか。

 

職種のみの紹介となりますが

・医者→平均年収1098万円

 

・大学教授→平均年収1086万円

 

・パイロット→平均年収1530万円

 

・総合商社のサラリーマン→平均年収1300万円

 

・テレビ局員→平均年収1400万円

 

こうしてみると、やはり私たちがパッと思いつく

企業のあるような職種が多く見られますね。

 

パイロットや医者は特殊な技能が、

また外資系の企業では英語力など、

頭脳や才能が必要となりそうです。

 

加えて年収1000万円を得るためには、

その分、働くことが求められます

 

残業や休日出勤が多く終電で帰るなども、

ざらにあるというのも聞きます。

 

サラリーマンとして年収1000万円、手取り額650万円を稼ぐとなると

プライベートで犠牲にしなければいけない面は多いでしょう。

 

 

 

年収1000万円、手取り額650万円になるためには何が必要?

年収1000万円 手取り 割合 生活 4
出典元:https://careerpark.jp/
こうしてみてみると年収1000万円、手取り額650万円を得るのは

とても大変なように感じるでしょうか。

 

パイロットや医者のように特殊な技能が必要だったり、

英語が堪能でなければならず、

ずば抜けた頭脳も必要なように感じますか?

 

確かに給与所得、つまりサラリーマンとして得るには

生半可な努力では難しいかもしれません。

 

しかしフリーランスならどうですか?

給与所得意外に副業も合わせて考えるといかがでしょうか?

 

何も給与にこだわる必要はありません。

 

個人として働き年収1000万円、手取り額650万円を達成している人は

あなたが考えている以上に多くいらっしゃいますよ。

 

 

 

年収1000万円、手取り額650万円を達成しやすい職業とは?

年収1000万円 手取り 割合 生活 5
出典元:http://moipui.com/

では年収1000万円、手取り額650万円を

達成しやすい職業にはどのようなものがあるのか、

最後に幾つかご紹介したいと思います。

 

●代行業者

代行業とは、「時間がない!」「スキルがない!」人に代わって

作業を行っていくことです。

 

例えば、助成金の取得、サイトの制作、家事の代行などが挙げられます。

 

●アフィリエイト

ネットとブログなどがあれば、誰でも始めることが可能です。

 

興味のあるジャンル、詳しいジャンルがあれば

とても大きな強みになりますよ。

 

一度、基盤を作れば継続して収入元とできますから

不労所得を作るにももってこいです。

 

実際に私もこのアフィリエイトで、

ど素人から年収1000万円を達成することができました。

 

そんなこともあり現在では、

多くの方が私のように稼ぐことができるように、

お手伝いもしておりますので、

ご興味を持たれた方は気軽にご連絡下さいね。

 

いかがだったでしょうか?

 

最初は遠く感じた年収1000万円、手取り額650万円という目標が

だいぶ身近なものに感じてきたでしょうか。

 

しかし年収1000万円はステップの一つに過ぎません。

 

ここを達成すれば、次々と新たな扉は広がっていきますので、

常に向上心を持ち、素敵な大人を目指しましょう。

 

今回のように生活に関することだったり、

ブログで稼ぐノウハウを今だけ無料でメルマガ講座にて公開しています。

 

更に全22冊、約430ページの『教科書』もプレゼントしていますので、

是非、メルマガ講座にご登録いただきダウンロードして下さいね。

 

NAOメルマガ講座のお申し込みは下記になります↓↓