こんにちはNAOです。

 

WordPressのプラグインで

最近人気がでてきているRinker(リンカー)ですが

設定方法などが、すこし面倒だったので、設定方法から使い方まで

こちらでご紹介していきたいと思います。

 

WordPressのRinker(リンカー)って何?

WordPressのRinker(リンカー)は

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどリンクを

WordPressの記事作成画面などから、

簡単に作成できてしまうプラグインです。

 

一度は見たことがあるかもしれませんが、

完成図としては、

上記画像のようになります。

 

どこかカエレバのツールに似ていますよね。

 

 

Rinker(リンカー)のプラグインをインストールするには?

Rinker(リンカー)を使うには、

WordPressへアップロードする必要があります。

 

そこで以下からは、

Rinker(リンカー)のダウンロード方法から

有効化までをご説明していきたいと思います。

 

まず以下のリンクより、

Rinker(リンカー)のページに移行してください。

Rinkerダウンロードページ

 

そうすると上記のようなページに移行しますので、

無料ダウンロード』をクリックしましょう。

 

おそらくpixivのIDを持っている方は少ないかと思いますので、

pixiv IDを作ってログイン』をクリックしてください。

※pixivのIDがすでにある場合は、『pixiv IDでログイン』をクリック。

 

次に、アカウント作成ページに移行しますので、

アカウントを作成していきましょう。

 

 

そうすると、

Rinker(リンカー)のプラグイン(ZIPファイル)が

ダウンロードできます。

 

次はWordPressの管理画面に移行し、

プラグイン』をクリックした後、

新規追加』をクリックしましょう。

 

次は『プラグインのアップロード』をクリックしましょう。

 

ファイルを選択』をクリックし、

先ほどダウンロードしたRinker(リンカー)のZIPファイル

そのまま選択しましょう。

 

選択が完了したら、

次は『今すぐインストール』をクリック。

 

インストールが完了したら、

プラグインを有効化』のボタンを押して、

完了となります。

 

 

Rinker(リンカー)のプラグインの設定方法の前に!

Rinker(リンカー)のプラグインの設定方法の前に

ご紹介しておきたいことがあります。

 

それは、Rinker(リンカー)では、

二通りの設定がある為です。

 

一つの方法は、

もしもアフィリエイト経由でAmazon、楽天を紹介。

・ヤフーショッピングはバリューコマースから紹介。

もう一つ方法は

・もしもアフィリエイトを経由しない。

 

個人的には、

もしもアフィリエイト経由でAmazon、楽天を紹介。

・ヤフーショッピングはバリューコマースから紹介。

 

こちらの方法がおすすめです。

 

というのも、

本家Amazonアソシエイト経由だと、

報酬が5,000円以上にならないと振込みされないですし、

毎回振込手数料が引かれるからです。

 

楽天に関しては、

5000円を超えないと現金ではなく、

ポイントにて支払いになってしまいます。

 

そんなことなら、

もしもアフィリエイト経由で紹介するほうが、

管理も一括で可能ですし、

その方が楽かと思います。

もしもアフィリエイトの登録はこちらから可能です。

https://af.moshimo.com

 

またYahoo!ショッピングだけを

バリューコマース経由にするのは、

Yahoo!ショッピングの報酬だけはバリューコマース経由の方が高めだからです。

  • もしも経由(0.77%)
  • バリューコマース経由(1%)

 

さらにバリューコマースでは

『クロスデバイストラッキング』

というシステムがあって、

違うブラウザやアプリからの購入も反映されるようになってます

バリューコマースの登録はこちらから可能です。

https://aff.valuecommerce.ne.jp

 

またRinkerの場合は、

設定画面で本家でも

もしもアフィリエイト経由でも

どちらのIDでも設定できるようになっています

 

※本家、もしも両方IDを設定している場合、

もしもリンク優先ショップ』にチェックを入れると

もしものリンクが優先されます

 

 

Rinker(リンカー)のプラグインの設定方法は?

Amazon、楽天、ヤフーショッピングの経由について、

それぞれ理解ができたら、

次はRinker(リンカー)の設定に移っていきたいと思います。

 

まずWordPressの管理画面の『設定』をクリックし、

Rinker設定』をクリックしましょう。

 

すると上記のページに移行しますので、

まずは商品の価格を表示するか、

非表示にするか設定していきます。

 

非表示にしたい場合は、

価格を非表示にする』にチェックをいれましょう。

 

Rinker(リンカー)でAmazonを設定する

ここからはRinker(リンカー)のAmazonの設定について

ご紹介していきたいと思います。

 

まずRinkerを利用するためには、

AmazonのAmazon Product Advertising APIの認証キーを取得する必要があります。

 

Amazon Product Advertising APIの認証キーを取得

上記のリンクからキーを取得して、

アクセスキーID、シークレットキーを登録してください。

※『アクセスキーID』『シークレットキー』は

Amazonアソシエイトのアカウントが必要ですので、

Amazonアソシエイトに登録してない方は先に登録が必要です。

 

Amazonアソシエイトのページに移行したら、

次は管理画面から『ツール』→『Product Advertising API』をクリックしましょう。

 

すると上記画像のページに移行しますので、

利用をはじめる』をクリック。

 

次は『アクセスキーID』と『シークレットキー』が表示されます。

 

コピーする前にページ移動してしまうと

APIの再生成をしないといけなくなるので、

とりあえずはこの画面のままにしておいてください。

 

Amazonアソシエイトで取得した

アクセスキーID』『シークレットキー

をRinkerの設定画面に貼り付けましょう。

 

そしてAmazonアソシエイトのページにもどり、

認証情報をダウンロードする』をクリックしましょう。

 

これでAmazonの『アクセスキーID』『シークレットキー』の設定は完了です。

 

 

次はAmazonアソシエイトのトラッキングIDを設定していきます。

 

トラッキングIDの管理

まずは上記のリンクから再度、

Amazonアソシエイトのページに移行します。

 

上記のページが表示されますので。

トラッキングIDを追加する』をクリック。

 

次に赤枠で示した欄に、

ご自分が管理しやすい名称を記入して、

作成』をクリックしましょう。

 

次は、3つの候補が表示されますので、

どれか一つを選び、

選択したもの使う』をクリック。

 

上記のページに移行すれば生成が完了です。

閉じる』をクリックし、

このページを閉じましょう。

 

ページを閉じると、

上記画像ののように、

トラッキングIDが表示されますので、

ご自分が生成したIDをコピーしてください。

 

コピーしたらRinker(リンカー)設定の設定画面に戻り、

トラッキングIDを貼り付けましょう

 

これでトラッキングIDの設定は完了です。

 

次にリンク先を設定しましょう。

 

リンク先に関しては。

Amazonのボタンを読者がクリックした時に

検索画面に移行するのか

・商品の購入ページに移行するのか

と選ぶことができます。

 

基本的には、

商品の購入ページ』に移行した方が、

読者さんも便利かと思いますので、

ここでは、『リンク先を商品の詳細画面にする』にチェックを入れましょう。

 

これでAmazonの設定は完了となります。

 

 

Rinker(リンカー)で楽天を設定する

楽天の設定に関しては、

もしもアフィリエイトに登録している方は入力しなくても大丈夫です。

 

念のために、

もしもアフィリエイトに登録していない場合についても

こちらでご紹介しておきます。

 

まず楽天アフィリエイトIDを登録しておきます。

 

下記リンクからログインしたらIDが表示されます。

楽天アフィリエイトIDのページへ

 

次は上記画像の赤枠で表示された部分をコピー

 

Rinker(リンカー)の設定画面に移行し、

さきほどコピーした内容を貼り付ける

 

楽天に関しては、

これだけで設定が完了となります。

 

 

Rinker(リンカー)でヤフーショッピングを設定する

こちらでは、

バリューコマース経由のヤフーショッピングの設定について、

ご紹介していきたいと思います。

 

ヤフーショッピングの設定に関しては、

バリューコマースへの登録が必須ですので、

必ずバリューコマースに登録してください。

バリューコマースの登録はこちらから可能です。

https://aff.valuecommerce.ne.jp

 

バリューコマースに関しまして、

[LinkSwitch][アフィリエイトID]

どちらかを設定しても動作します。

 

ですので、こちらでは、

簡単な[LinkSwitch]の設定方法について

ご紹介していきたいと思います。

 

バリューコマース

まず上記のリンクをクリックし、

バリューコマースの管理画面にいきます。

 

次に『広告管理/ツール』→『LinkSwitch』→『LinkSwitch設定

を選択します。

 

すると上記画像のページに移行しますので、

LinkSwitchを利用開始する

をクリック。

 

LinkSwitchが表示されますので、

画像赤枠の内容を全てコピーしましょう。

 

次に、Rinker(リンカー)の設定画面に戻り、

先ほど、コピーした内容をペーストしてください。

 

これで、バリューコマースの設定は完了です。

 

 

Rinker(リンカー)で、もしもアフィリエイト経由のAmazon、楽天、ヤフーショッピングを設定する

次はもしもアフィリエイト経由で、

『Amazon.co.jp商品購入』

『楽天市場 商品購入』

『Yahoo!ショッピング 商品購入』

を紹介する手順を紹介していきたいと思います。

※ヤフーショッピングをバリューコマース経由でする方は、

『Yahoo!ショッピング 商品購入』は不要。

 

登録してない方は無料会員登録しておき、

それぞれのプログラムとの提携を済ませておきましょう。

もしもアフィリエイトの登録はこちらから可能です。

もしもアフィリエイトにログインしましょう。

 

次に『プロモーション検索』をクリックし

提携中プロモーション』をクリック。

 

次にそれぞれの広告が表示されますので、

広告リンク取得』をクリック。

 

●Amazon

●楽天市場

●Yahoo!ショッピング

すると、上記のようなページが

それぞれ表示されますので、

画像赤枠の部分だけをコピーしてください。

※a_id=ここから○○○○○ここまで&p

 

コピーが完了すれば、

それぞれの欄にペーストしていくだけです。

 

次に、もしもアフィリエイト経由にするかどうかを設定していきます。

 

ご自分が経由したい広告には、

チェックを入れるようにしましょう。

 

 

Rinker(リンカー)でGoogle Analyticsのトラッキング設定

こちらではGoogleアナリティクスで

商品リンクのクリックを

トラッキングするかどうかの設定できます。

 

これは良くわからないって方も

将来的に利用するかもしれませので、

一応チェックを入れておきましょう

 

ちなみに商品のクリック数などは

Googleアナリティクスで『行動』→『イベント』

で確認できすることが可能です。

 

トラッキングのチェックを入れたら、

最後に『変更を保存』をクリックしてください。

 

これでRinker(リンカー)の設定は完了となります。

 

 

Rinker(リンカー)のプラグインの使い方は?

こちらでは、実際にRinker(リンカー)の使い方について、

ご紹介していきたいと思います。

 

慣れてしまえば簡単ですが、

商品の検索の時には少しコツがありますので、

注意してくださいね。

 

まず投稿画面にいくと

Rinkerを有効化していると

商品リンク追加』というボタンが追加されてますのでクリック。

 

次に、Amazon、楽天どちらから、

商品を掲載したか選択してください。

 

次は、実際に商品を検索していくのですが、

ここで重要なのが、

しっかりと商品名を記入することです。

 

このことがなぜ重要なのかについては、

後ほど、ご説明したいと思います。

 

掲載したい商品が決まれば、

その商品の『商品リンクを追加』をクリックしてください。

 

そうすると上記画像のようにコードが追加されます。

これだけで完了となります。

 

実際に完成された記事を見てみると、

このように綺麗に

それぞれのボタンが表示されます。

 

では、先ほど、

『重要』といった理由をご紹介していきたいと思います。

 

例えば、

リンカーで『楽天市場から商品検索』をして、

商品を選択した場合、

読者さんが楽天市場のボタンをクリックすると、

このように商品を購入するページに移行します。

 

ここまではいいのですが、

問題はこの次です。

 

リンカーで『楽天市場から商品検索』をして、

商品を選択した場合、

読者さんがAmazonのボタンをクリックすると、

このように検索ページに移行し、

先ほどRinker(リンカー)で入力した

商品名が反映されるのです

 

この設定は、

逆のパターンの時も同じで、

Rinker(リンカー)で『Amazonで商品検索』をした場合には、

Amazonでは商品ページに移行しますが、

楽天では検索ページに移行します。

 

このことから、

しっかりと商品名を記入しないと、

あらぬ検索結果がでてしまうんです。

 

この点は非常に面倒ですよね。

 

ただ、全てを商品ページにリンクさせる方法もありますので、

どうしても気になる方は、

そちらの設定をしてみてもいいかと思います。

 

 

Rinker(リンカー)は取り扱い終了を教えてくれることも!

ブログサイトを運営していると

困るのが『商品の取り扱い終了』。

 

記事が多い人ほど、

そのチェックの作業量が多くなりますが、

Rinker(リンカー)はそれをやってくれます

 

確認方法としては、

WordPressの管理画面にある

ダッシュボード』からみることができます。

 


位置としては、

最下部にあることが多いかと思います。

 

現在は取り扱いが終了していものはないので、

何も表示されていませんが、

取り扱いが終了した商品があると以下のように表示されます。

コードを表示してくれますが、

このコードはどこから確認すればいいのか、

わからない方も多いかと思います。

 

確認方法としては、

WordPressの『商品リンク』から確認することができます。

 

これでしたら、

取り扱い商品が終了しても丸わかりですよね。

 

すこし長くなりましたが、

以上がWordPressのRinker(リンカー)プラグインの設定方法から使い方まで

となります。

 

ぜひRinker(リンカー)のプラグインを

上手に活用して収益の拡大に繋げてみてくださいね。