こんにちは。NAOです。

 

今、流行のYouTubeで動画を投稿したいけど、

いざ始めるとなったら「実際は何が必要なの?」

と思う方は多いのじゃないでしょうか?

 

そこで今回は

「YouTubeを始める時に必要な機材など」

について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

まとめ

必要物 金額
カメラ 5万円〜30万円
PC 5万円〜30万円
三脚 3000円〜2万円
照明 3000円〜2万円
編集ソフト 無料〜4000円/月
ツール 無料

 

YouTubeにおすすめのカメラ!

YouTubeに実写動画を投稿したい場合は

動画撮影に対応したカメラが必ず必要になります。

 

ただ、とりあえずYouTubeに動画を投稿してみたいという場合は

スマホでも高画質な動画をとることができるので、スマホから始めるのもいいと思います。

 

動画を撮影するのに使うカメラといえば、だいたいは以下の2つ。

・ビデオカメラ

・一眼レフカメラ

 

ここからはこの両者どちらを選べばいいのかご紹介していきたいと思います。

 

ビデオカメラの特徴や選び方

ビデオカメラは、

テレビ番組の撮影によく使われているものをおすすめします。

 

というのもカメラは、

被写体、全部にピントがきちんと合うようになっているものが多いからです。

 

どの被写体もきれいに映り、

現場の様子をそのまま撮影する、記録映像とかに最適です。

 

運動会やロケなどずっと撮るなら、ビデオカメラがおすすめです。

 

また「どのカメラを選べば良いかわからない!」

という方も多いかと思います。

 

その場合は以下のソニー業務用カメラがおすすめです。

ただ、値段を見てもらえばわかりますが、

めっちゃ高い!!

 

なので、どちらかというと本格的に撮影する方におすすめですね。

 

 

一眼レフカメラの特徴や選び方

一眼レフカメラは、写真撮影に使われるカメラ。

 

ビデオカメラとは違って、背景をぼかせたりする撮り方ができるカメラです。

 

一眼レフカメラは用途に応じてレンズを使い分けることで、

ズームをかけたり、背景をものすごく綺麗に撮影したりすることができます。

 

また一眼カメラと聞くと「動画は撮れないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

実は最近の一眼カメラは動画性能を重視した製品も多くなっていることから、

YouTube用のカメラにも最適なんです。

 

一眼レフカメラのおすすめはやっぱりCanonですね。

その中でもおすすめが以下になります。

【長期保証付】キャノン CANON デジタル一眼レフカメラ EOS KISS X9i ダブルズームキット

 

このXシリーズならばYouTubeの動画撮影にぴったりでしょう!

 

 

YouTubeにおすすめのPC!

YouTubeに投稿する動画がシンプルで素っ気ないものでよいならば、

スマホだけでも簡単な編集やアップロードを行うことができます

 

でも、スマホでの編集はPCに比べて、できることも限られてしまうことから、

クオリティや効率を重視するのであればPCで編集をした方がおすすめです。

 

「じゃーどのパソコンを選べばいいの?」

と思うかもしれませんが、動画編集はPCに非常に大きな負荷がかかるため、

スペックは高ければ高い方がいいです。

 

この辺りを説明してしまうと、

内容がだいぶコアになってしまうので、

PCにはMACとWindowsを搭載しているものがある

ということだけわかっておけばいいかと思います。

 

動画編集を行うならWindowsがおすすめですが、

おしゃれにキメたいならMACでしょう。

 

 

YouTubeにおすすめの三脚!

YouTube用の動画を撮影するなら、

カメラを据えるための三脚は必須です。

 

高い製品なら作りがしっかりしていて

使い勝手が良い製品が多いですが、

ただ撮影するだけなら4000円ぐらいのものでも十分だと思います。

 

ただあまり小型のものだと使いにくいこともありますので、

できるだけ足が長いくしっかりしているものがおすすめです。

 

個人的には見た目と作りが良く、

多くのYouTuberが愛用しているマンフロットの三脚がおすすめです。

Elementトラベル三脚 ビッグ ブラック MKELEB5BK-BH [Manfrotto マンフロット アウトレット]

 

マンフロット MKBFRLA4BK-BH(ブラック/シルバー) Befree Advanced アルミニウムL三脚キット(約2万円)

 

 

YouTubeにおすすめの照明!

人物の肌だったり製品を紹介する動画を撮影する時には、

照明を使うのがおすすめです。

 

基本的に無くてもよい機材ですが、

用意をしていた方が絶対にいいです。

 

というのも、人や製品の写りが全然違って綺麗に見えます。

 

照明はすこし大きので撮影する時に設置場所が必要になることもあり、

場所を選ぶのに困るかもしれませんが、

その場所を選んででも使う価値はある機材です。

 

また照明は他の機材に比べると安く1万円ぐらいを出せば十分です。

無駄に高い照明を購入してもそれほど、動画は変わってきません。

 

おすすめは以下の商品。

 

これぐらいならば、十分に効果を実感できるでしょう。

 

 

YouTubeにおすすめの編集ソフト!

YouTubeの動画のクオリティをあげたいなら、

やっぱり編集作業は欠かせません。

 

動画編集のクオリティでも視聴回数は格段に違ってくるからです。

 

YouTubeの動画編集で一番使われているといえば、

やっぱりアドビシステムズのPremiere Pro CCですね。

 

Adobeの中でも最上位にあたる動画編集ソフトで、

このソフトでできないことを探すのが難しいというくらいなんでもできるソフトのため、

最高のソフトと言えます。

 

ただ使用するには、月額3500円ほどしてしまうため、

動画編集にそこまでお金をかけれないという方は、

無料の編集ソフトなどもありませうので、

機能は落ちてしまいますが、そちらを使うようにしましょう。

 

 

YouTubeにおすすめのツール!

YouTubeでは自分で行う作業が多すぎるため、

作業をお金を払って他の方に頼むという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな時は、以下のツールがおすすめです。

・クラウドワークス(外注募集)

・Googleドライブ(動画管理)

・チャットワーク(外注連絡)

 

このツールを使うことで、

スムーズに依頼することができ、

自分の作業量を圧倒的に減らすことができますので。

ぜひ、試してみてください。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

YouTubeは動画を撮影するだけでいい!

と思うかもしれませんが、

その撮影を行うために様々な準備物も必要になってきます。

 

本記事で紹介した他にも便利な製品はたくさんありますが、

とりあえず、このくらいあれば、

ある程度クオリティの高い動画作りが可能になると思います。

 

ぜひ、今回ご紹介した機材やソフトなど、

動画作成の役に立ててみてくださいね。