こんにちは、NAOです。

 

YouTubeではどのようにして稼いでいけばいいのか?

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回はYouTubeで稼ぐ仕組について

詳しくご紹介していきたいと思います。

 

YouTubeの稼ぎ方(収益化)って?

YouTubeの稼ぎ方と言えば、

Googleのアドセンスが一番多く活用されています。

 

アドセンスは視聴者の興味のありそうな広告を自動で表示する広告になっていて、

設定をすれば自動的に広告が表示される仕組みになっています。

YouTubeの動画の再生時に上記のような広告を見たことはありませんか?

これこそが、アドセンス広告になります。

 

アドセンスから収入が発生する仕組みとしては、

自分の作った動画にこのような広告を表示させ、

この広告をクリックされるとから報酬が支払われるという

非常にシンプルな構造になっています。

 

またアドセンス広告はこのような広告だけではありません。

上記のように動画再生前や後に

表示される動画広告が流れることでも収入が入るといった仕組みになっています。

 

この他にも、広告の種類は多くありますが、

こちらについては、また別の記事でご紹介したいと思います。

 

簡単にいえば、動画を再生されればされるほど

動画作成者に広告収入が入ってくるといった仕組みです。

 

 

YouTubeアドセンスの報酬額って?

YouTubeアドバイスの報酬額の平均というと、

約1クリックに対して5円前後になっています。

 

この報酬額については、

広告のジャンルが大きく関わってきます。

広告単価の高いジャンルといえばギャンブル系やFXなどですね。

 

また内容や時期(季節)によって広告単価は変動します。

例えば、決算前の3月やクリスマスシーズン

企業が広告費多く使う時期などは広告単価が高くなる傾向にあります。

 

また、チャンネルの登録者が多くなると広告単価の高い広告が

優遇されやすくもなってきます。

 

 

YouTubeアドセンスの審査(収益化)の条件は?

まずアドセンスを取得するには、まず審査を通さないといけません。

 

ただ、審査に出す条件があって

その条件は以下になります。

 

チャンネル登録者1,000人以上

過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上

この2つの条件を満たしてないと審査をしてもらえません。

 

なので、YouTubeでチャンネルを作ったばかりの方は、

まず動画投稿を続けてチャンネル登録者を増やしていきましょう。

 

早い人だと1ヶ月もしないうちにこの審査基準は満たせます。

実際、私もノウハウがない状態でYouTubeを始め、

2ヶ月ほどで審査を出す条件をクリアできましたので、

比較的簡単にこの条件はクリアできるかと思います。

 

このように審査が必要になったのは、

過去と比べるとYouTubeにアップロードされる動画もどんどん増えていき、

動画の中には犯罪ギリギリのものや暴力的なものなど、

不適切な動画が数多く投稿された過去があったからです。

 

このようなことからYouTubeは広告収入を得るための条件を変更し、

不適切な動画を投稿するチャンネルをより厳しく取り締まるようになりました。

 

ですので、動画の再生数を稼ぎたいからといった理由で、

アダルトな内容や暴力的な動画は出さないようにして、

まずは動画を作成していきましょう。